メモリーが届きました。(前回の続き)

ノートパソコンの故障の原因はメモリーという個人的な

判断により、いつもお世話になっているamazonでメモリーを注文しました。

一体何度目の買い物なのだと思いつつ・・・

前回の続きになりますのでもしよろしければ

記事を読んでいなかった方はこちらをご覧ください。

原因はメモリーなのか・・・?(前回の続き)

そのメモリーは、なのと永久保証付きです。相性問題は別ですけどね。

しかし、頼んだは良いのですが不安が過ります。

果たして、本当にメモリーが原因なのかと。そして、メモリーが届きました。

メーカーはTIMETECで、個人的には聞いたことがありませんでした。

内容は4GB SO-DDR3L PC3L-12800 1.35Vと1.5Vの両対応です。

Timetec Hynix IC 4 GB ノートPC用メモリ DDR3L 1600 MHz PC3L 12800 204 Pin SODIMM Laptop memory upgrade 永久保証 (4 GB)

早速取り付けましたが起動せず撃沈( ノД`)

約3000円が無駄になってしまうのか・・・

後で解ったのですが、自分が使用している

サブノートパソコンもSO-DDR3Lでしたので、

買わなくても良かったみたいです。早く気づけばよかった。

以前メインパソコンとして記事にしていたものですので

参考までにリンクを張り付けておきますね

メインパソコンは

結局そのメモリーを使用してもダメでしたが・・・

相性の線も違ったようですね。

また、壊れているかもしれないメモリーを

サブノートで確認したら見事に起動しました。

メモリーが壊れていないということで完全に迷宮入りです。

多分ですが今の自分では修理することが出来ない

ところに問題があるのかもしれません。

原因を探るべく今まで以上にノートPCを

分解しました。バラしすぎて元に戻せなくなったら

どうしようかと思いながら。

上の写真はマザーボードの裏面になります。

裏にはフィルムが貼ってあるのですね。

バラすのは比較的簡単でした。

修理については人間がするもんですからね。なるべく

メンテがしやすい構造にしたのでしょう。

しかし、素人の自分がばらしたところで見た目でしか

判断することしか出来ず。何もできませんでした。

つまり、惨敗。

ファミコンに続きノートPCも直すことが出来なかったので

0勝2敗。

今回購入したメモリーは幸いにも現役で使っているノートパソコンに

取り付けることが出来て全くの無駄ではなかったのですが

直せなかったのが残念でなりません。

下の写真が現役で使っているPCの中身です。合わせて12GBになりました。

めでたしめでたし。

このサイトを見てくださった沢山の方々にはとても

感謝しています。その効果もあり凹みもすくなくブログ作成を

頑張れています。今回も残念な結果になってしまいましたが

これからも普段やらない物に挑戦していきますので、もしよかったら

また見に来てください。よろしくお願いいたします。

 

次回の挑戦は成功します。と思いたい。。。