デジタル絵の練習はフリーソフトでしています

どうも

1日3枚ぐらいラフっぽい絵を描いているトリガーです。
(絵を描き始めてからまだ1週間たってないです)

というか、色の塗り方や仕上げ方がいまいち解ってないだけで

なかなか完成された絵が一枚も出来ていないのが現状です。

ラフだと立体感がすこし出るのですが、実際に色を塗ったりすると

平面になったりして全く別の絵になってしまいます。

立体感をどうにか工夫して出すにはさらなる勉強が

必要だと思いました。ちなみに、最初のアイキャッチ画像は

youtube動画をみて色塗りをしていたのを真似して塗ってみたわけですが

プロとは雲泥の差があるようですね。操作方法も解らないし、扱ってる

ソフトも違うし。見様見真似です。

でも、それなりに目の輝きが出来ているような、ないような。

目玉にも影を付けることが出来たので、全く絵が描けなかった自分にとっては

多少進歩したのかな。しかし、日ごろから絵を描いている人にはかなわないのですね。

改めて尊敬してしまいます。絵もそうですが色の方でも

プロはすごいですよね。本物の人間のような目の輝きの色を再現したり、

ガラスについた水滴を表現したりと普通では考えられないような

技術が沢山。どういった発想でこんな立体感をだせるように

考えたの?と言わんばかりの技法ばかり。

話はそれましたが自分は始めたばかりなのでソフトを何を買ったらいいのか、

解らないので色々なソフトを調べているところです。

とりあえず現在はフリーソフトを使用しています。

それはFireAlpacaというclip studioに似たようなソフトです。

違いはよくわかりませんがとにかくフリーでは考えられない機能が沢山付いていまして、

全くのド素人の自分にとっては十分すぎるほどのソフトです。

FireAlpacaのフリーソフトに慣れてきたら市販のソフトを購入するつもりでしたが、

自分が使用したかったソフトは月額制でしたので、今回は見送ることにしました。

使用してもしなくてもお金は取られて行くので。。。

これはこれで自分のやる気が出るのかな。とにかく、今はまだそこまでの領域にも

達していない自分なので今はFireAlpacaで頑張っていこうと思います。

なんだかんだ、上級者も使っているようでしたので。

また、自分は完全に使いこなしてるわけでもないし。これから参考資料を基に色塗りの方も

少しづつマスターしていき、何れは、服や、髪の毛の艶出し、胴体の描き方、手や足を

描けるようにしていきます。下手でもそれなりの絵になるか

不安ですがね。

 

今日はこれで失礼します。