vtuberになるなら今が買いFaceRig

どうもトリガーです。

先日ウェブカメラを購入したので色々試そうかと思いFaceRigというソフトを導入してみました。それがこの画像です

かーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペッ

あ、すみません。中身は男なので・・・女子が日ごろやらないことを色々やって遊んでいた次第です(*’▽’)
あと誤解しないで下さいね、このしぐさは普段でもやりませんから。

faceRigは自分の顔をウェブカメラで撮影しその表情を読み取りfaceRig内にあるアバター(キャラクター)と連動させ動かせるというソフトです。

いやーすごい時代になりましたね。実際に自分で動かしてみた時は本当に感動しました。

youtubeを見ているとたまに、立ち絵が動いている動画をみかけますよね。全部が全部FaceRigってわけではないらしいのですが、それを使用している可能性は高いです。

なぜなら低予算で導入することが出来るから。

(この画像はsteam内のストアです)

これがクリスマスシーズンで安くなっているのか解りませんが自分が購入したときよりもさらに安くなっておりました。( ノД`)

ちなみに自分は上2個をダウンロードしています(*’▽’)
このブログの最初にあったアバターを使用するにはFaceRigとFaceRig Live2D Moduleが必要になりますのでご注意を。

FaceRigを使用するにはその他にも無料のsteamというソフトをダウンロードする必要があります。これが一番最初にダウンロードしないといけない物になります。

steamとは簡単に言うとゲーム機の無いゲーム機といったところでしょうか・・・

といってもよく解りませんよね。自分もなんとなくしか解っていません。

個人的に感じたのはニンテンドウスイッチやPS4のゲームを遊ぶときダウンロードして買う時のイメージ。

ということでsteamはゲーム機という概念がないバージョンと自分は認識しております。これが正しいというのかは別として・・・

実際はパソコンを使用しているのでそれが本体。と思われがちですが、購入した記録はすべてsteam(サーバー)で管理しているので、たとえ違うパソコンでもsteamで買ったIDでログインするとゲームを再びダウンロードできるようになったり、遊べたりします。

デメリットは遊ばなくなったゲームは売ったり人に貸したりできなくなることや、インターネットが使えなかったら遊べなくなるといったところでしょうか。

ダウンロードしたとは言えsteamにログインしないと遊べないですからね。

それはさておき、先日購入したウェブカメラと合わせると今なら12000円以内でvtuberになれそうですね。パソコンがあればの話ですけど比較的に導入しやすいのはこれだと思います。

ちなみにFaceRig内にはもともと用意されているアバターがありますのでそれを使えばお金はそれ以上は掛かりませんが、追加で買ったりして増やせるので自分の好みで金額は変わってくると思います。

vtuberをやってみたい方は是非試してみて下さいね。

また商用利用で使用する場合は色々制限もあるのでそこらへんは気を付けて下さいね

おしまい

PR—————————————————

トリガーと申します。ブログ時々youtubeをやっています。
不定期ではありますが今後も続けて行きますのでよかったらブックマークやチャンネル登録をよろしくお願いいたします

トリガーのブログ(鳥巣とりのす)

https://torinosu.top

万屋とりch

https://www.youtube.com/channel/UCWB53va62Q-Fb294mJhQoIA