簡単な断熱対策で寒い部屋を少しでも暖かくする。

最近、暑かったり寒かったり変な気候ですよね。

各地では季節外れの桜が咲いていると思いきや

北海道の方は雪になったりと。

同じ日本でもかなりの寒暖差がありますね。

我が住まいは東京にありまして、住宅街の

密集地帯に住んでいます。

ですので、全くっていいほど日が当たらず

冬になると毎年凍え死ぬような思いをしています。

特に自分の部屋は冷蔵庫並みに寒くなるので

なにか対策を考えていました。

ちなみに昨年の冬の光熱費は3万円越えです。

一般家庭でそんなに使うのは大きめの家しか

ないと思いますが、我が家は建坪20坪。

使いすぎではないのかといつも思っていました。

普通なら2万以下だと思うのですが違いますか?

とはいえ、毎回この時期光熱費だけで3万の出費は

痛いのでいつかは改善したいと思っていた今日。

地元のスーパーでちょっとした商品が目に入ったので

買ってきました。

それはこちらです。

すきま風ストッパーです。値段は300円ぐらいです。

ドアの下の隙間を埋めるものです。

他にも簡易的な隙間対策の商品はあるのですが

こちらはなんか温かそうに思えたので購入してみました。

素材はウレタンかな?

施工方法は極めて簡単。ハサミでジョキw

一度ドアにはめ込んで長さを切る感じで。

と思いましたが、どうやらそれだけでは

我が家には合わなかったみたいです。

ドアの縁部が丸いウレタンにぶつかり

しまりません。

強引に閉めれば大丈夫なのですが

毎回強引だといつかはドアが壊れるのでは

と思いさらに一工夫。

といっても、当たる部分を切っただけです。

若干ドアの締まりは前より悪くなりますが、

日ごろ隙間風に悩んでいた自分にとっては

大変満足でした。

しかし、我が家の寒さ対策は万全ではありません。

窓にも対策をしなくてはならなかったのです。

どちらかというと、窓の方が部屋の温度を

落としているような気がしていました。

先ほどもお話した通り、我が家は住宅密集地帯です

窓を開けたらすぐ隣の家まで1メートルぐらいしか

離れていませんので窓も開けられない状態。

音漏れもすさまじいので常時雨戸を閉めているので、

こちらの方も対策することにしました。

薄い発泡スチロールみたいな素材です。

窓を開けない我が家(自分の部屋だけですけど)

ではこれが最適だと思い購入しまた。

ちなみに値段はLサイズで1200円程度。

Mサイズで900円程度です。

これで、毎年寒い思いをしないで済むと思えば

かなりの価値があるかと。

ちなみにMサイズの方は窓に使用します。

今回も一旦当てて寸法切りをしようかと試みましたが

丸みが帯びてしまい正確に測れませんでした。

ですのでスケールで窓の幅を測って切りました。

下の折り目はもともと付いていまして窓枠に立つように

考えて作られていました。

不器用なのでまっすぐ切れるかどうか心配でしたが

思いのほかぴったりでした。

Lサイズの方は大きな窓に使いますが施工は

同じなので割愛しました。

これで、寒い部屋もおさらば。

今年はこの部屋の暖房は付けないで過ごす

つもりです。

当初の目的は断熱で光熱費を節約。

今後、実証出来ていけたらいいなと思います。

おしまい。

 

他にも日が当たらないため苦労したことが以前にも

あったので良かったらこちらの記事も見て頂けたら

うれしいです。

自分でBS・CSアンテナを設置する