うわさの9世代がついに発表

どうも、

最近intel8世代CPUで自作したトリガーです。

前々から9世代のうわさが出ていましたが10月19日にアメリカで発売

されるそうです。てっきり来年かと思ってましたから安心して

8世代を組んでいたわけであります。やっちゃいましたねw

まあ、日本については全く書かれていなかったのでいつ納期されるのかが解りませんが。

値段の方はざっと計算したところ今売られてる値段で9世代を買える感じになります。

むしろ今より安いかもしれません。

でマザーボードの互換性の方ですが300台のチップセットでも使用できるらしいので

今使用している8世代用のマザーボードでも大丈夫なようです。

まあ、この辺は読めてました。6世代7世代も出来てたわけですしね。

順を追っていけばそうなるのかなと。あとは、すぐに対応マザーボードって作れないでしょ

と勝手な判断をしていたわけです。

肝心な性能についてですがCore i7のコア数が増えたぐらいな感じです

core i7 9700Kは8コア8スレッド。16には出来なかったのかな。。。

見せかけよりも本体で勝負したのか。どれほどの変化があるのか

何れ購入したときに見てみることにしましょう。個人的には現状と

あまり大差がないようにも思えますが自分だけでしょうか。

想像の範囲なので実際に検証する必要がありますね。

他のCPUについては変化に気づけないほどの

ものでした。周波数も若干上がっているような気もしますが昔みたいに

ちょっと上げたからと言って格段に上がるような時代ではなくなっていますし

どちらかというとコアが増えたことにより性能がアップしてるかと思いきや

変わってないのでマイナーチェンジなんでしょうか。今後性能をあげるとしたら

コア数を増やしていくのが一番なのですがどこまでやれるかが課題となるでしょうね。

行き詰ってCPUを何個かくっつけたような化け物CPUにはしてほしくないです。

規格も変わってしまうし、本来の自作PCのメリットがなくなってしまいますからね。

CPU発売情報はkakaku.comのパソコンという項目で上位の方に掲載されていたので

興味がありましたら見てください。

一応リンクも張っておきます

https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=12837

 

今日はこれで失礼します。