自分に課せられたゲーム実況までの道のり

どうも。

triggerです。

先日自作パソコンに色々なソフトをインストールし

無事に機能するようになりました。

現在動画録画や動画編集など、ノートパソコンではちょっと

負荷が掛かるようなことに使い始めました。

動画はひたすらとっているのですが、なかなか編集まで

いっておりません。

動画編集ソフトも初めて触って1か月

たってないぐらいで、まったく無知状態。

それだけなら、何とかサイトや本で調べていけば

何とかなるのですが、最大の理由はゲーム実況ということ。

自分は、しゃべり方がそんなにうまくないので

この状況を打破すべく試行錯誤中です。

いま考えているのがナレーションソフトを使い

実況させようかと。

実はナレーションソフトは購入済みですw

ただ、ナレーションだけだと、どこも似たり寄ったりなので

ちょっと面白くさせようと思っています。これも

似たり寄ったりですがw

本当はこんな回りくどいやりかたしなくなかったのですが、

もう、これしか思いつくことがなかったのと

動画を何度も取り直して、一向に進まない面白くも何ともないので

第3者っぽくしたら面白くなるんじゃないかと思ったからです。

自分に出来ないことは無理せず出来るやりかたで考えて行くとナレーション

ソフトにたどり着いたため、これだと思い購入しました。

そこで、ナレーションソフトを使ってどういったゲーム実況をやっている

か、youtubeで確認したら、絵が声に合わせて動くというキャラクターが

が目に入りました。これって、どういった仕組みで動いているんだろう

と思い始め色々調べた結果、やり方は、3種類ぐらいあるようでした。

が、金銭面と一番とっつきやすそうなゆっくりムービーメーカーという

フリーソフトでやることにしました。何分フリーソフトなので

余計な出費が掛からないかなと思ったわけですが、

そのソフトはaviutlというソフトにすごく依存しているため

参考資料など購入して予想以上に出費しています。

aviutlは現在、開発をストップしてるみたいですが

aviutlをこよなく愛している人たちがプラグインという手法を

使い、現在まで追加機能をさせてきました。そのおかげで

今も使用可能となっています。愛着も沸いてるんでしょうね。

プラグインの仕方は他のサイトやyoutube動画で沢山乗っているので

割愛しますが個人的にはかなり難しかったです。作った人は

本当にすごいと肌で感じました。

ゆっくりムービーメーカーを使用出来るようにするまで

丸1日以上費やしたおかげで、すこしパソコンに詳しくなった気がします。

後は絵を喋らせるだけなのですが、フリーで使用できる絵があるのですが

著作権があるので、こういったところで紹介すると色々問題が発生しそうなので

絵は自分で作ることに決めました。ただ、またさらに問題が。

絵は小学校以来描いていてないです。絵は好きなのですが

絵心0で今の小学生でも描かないような。

もう、園児並みといったところがいいのかもしれません。

下手だとは思っていたのですが、まさかここまで。。。

笑えないほど自分に絶望す。

絵師という職人に頼んでもいいのですが、何かとお金が発生するので。

あと、商用利用などなんか、よくわからないものばかりで利用権をまた

払わないとならないなど、制約もあるのでもう自分で書くしかないと。

世の中、こんなに複雑になっているとは。。。

今後の課題に絵も追加され、前進するどころか後退していってるような

気がしますが、これを機にあるていど人に見せられるような絵を描きたいと

思います。ちなみに、絵を描く用にペンタブレットという物があるのですが

それは、すでに持っています。なぜ、もっているのか?

絵を練習しようかと思い昔に購入したのですが、買ってそのまま。。。

3~4年ぐらいは立ってるかもしれません。

買って満足がここにも。課題が山積み。果たして絵はうまく、なるんでしょうか?

そして動画はされるのでしょうか?

自分自身の戦いとなっています。

いま、このブログはコンテンツも十分ではないので絵とかも掲載出来たらいいなと

思っていますが、絵心0の絵を誰が見るのでしょうか?

これを逆手にとって絵がうまくなる軌跡という奇跡を信じて

掲載予定をしています。

不安でしかない。。

 

 

今日はおわりにします。