自作はCPUやグラボだけじゃない!縁の下の力持ちとは

先日ノリでi5を買ってしまったトリガーです。

本日はひたすらメインPCとベンチマークの比較を行っておりました。

因みにメインPCのCPUは第8世代のcore i 7 8700K

CPUとしてはかなり評判の良かった世代です。(個人的ですが)

ご存知かと思いますが、今回購入したcore i5と8世代core i7は

同じコア数とスレッド数なのです。

興味はありますよね

ということでベンチマークをしてみました。

我がメインPCのベンチマーク結果はこちらです

定番のCINEBENCH R20ですね

次の結果は今回購入した、core i5です

はい、core i5が負けてしまいましたね。( ノД`)

core i7 8700Kでは

マルチコア   3870
シングルコア   510

core i5  10400では

マルチコア   3158
シングルコア   426

ですので性能的には完全に劣っています

次に、ファイナルファンタジーのベンチマークをしてみました。

ファイナルファンタジーのベンチマーク結果を見てみますと

あれ?

おかしくないですか?

同じグラボ(GTX 1060)や、同じメモリーを使用しているはずなのに

なぜか、core i5の方がスコアが良いですね。

因みにcore i7で一番スコアが良い時で5030ぐらいでしたよ

一体なぜ。CPUは確実にi7のほうが優っていたのに。

と、まあ、なんとなく理由は解っています(*’▽’)

恐らくこいつの仕業

マザーボードですね。

メーカーはMSI 型番は MPG Z490 GAMING EDGE WIFIです

参考までに我がメインPCで使用しているマザーボードは

ASUS ROG STRIX Z370-F GAMINGです

当時としてはなかなかの代物でしたが、どうやら最新のマザーボードには

すこし劣っているようです。2年前のマザーボードですからね

当然と言えば当然ですが。

後で解ったのですが今回のMSIのマザーボードは全体的に

電気系統が良くなったらしいです。

電気を均等に供給するだとかで、安定性を図っているようですね。

スコアが良かったのはそのおかげだと思います。

したがって、CPU性能やグラフィックボードだけの性能で計測するのは

正直解らない様になってきました。

今までもそうだったんでしょうけどね。はい(*’▽’)

誤差の範囲ではありましたが、PCの性能はちょっとした構成で

よくも悪くもなるんですね。いつも思っていましたが

改めて思いました。

今回は本当に意外でしたよ。

CPUの性能みて完敗だと思ていただけにうれしいやら、悲しいやらw

まあ、ゲームによってはやはり8世代core i7の方が良かったりもしますが

似たり寄ったりの感じでしたね。

また高性能なグラボを使用したら、どうなるか解りませんが、

ミドル級のグラボであれば、なんら遜色なさそうです。

勿論、これから発売されて来るcore i5 10600Kだったら

また違ってくるかもしれませんね。もう、買わないけど(*’▽’)

という事で今回はおしまい