10世代CPU core i5の性能は?

どうもトリガーです。お久しぶりです

先日予約した10世代CPU core i5が5月21日に届きましたよ。

動画も作成してみましたので合わせてご覧下さいね

いやしかし、AMDのRyzen 1600AFの登場により

なんとも言えないCPUになったのは確実に思いました。

AMDが完全につぶしに掛かりましたね。

性能差ではcore i5が優ってはいましたが

価格を考えたらそれに見合うCPUであるのか?

と問うと、意見が分かれるかと思います

ちなみ価格は

AMD Ryzen 1600AF 発売日当時 10,978円

core i5 10400    発売日当時 25,999円

最終的には、値段が決め手となった訳ですが

当然ながら自作をする方は必ずと言っていいほど

グラボを搭載すしますので

Ryzenは別途グラボを用意するお金があるわけです。

core i5は同じ価格帯で自作をするとなると

必然とCPUのGPUで対抗しなくてなならず

動かせるゲームなどが変わって来ますよね

GTX1650あたりで充分すぎるほどcore i5 の

GPUを上回る。

まあ、あくまでも低価格で自作する場合の話ですので

誤解なき様お願いします。

高価なグラボを使用するなら話は別になりますが。

コスパ重視ならRyzen。

構成によってRyzenは若干弱い気もしますが

グラボも使いまわしできますし柔軟性があります。

ということで、core i5があまり注目されていないのであろうと

個人的には思っています。

とはいえ、私は買って後悔してはいませんよ。

自作PCは個人の使い方次第。(*’▽’)

なんかゲーミング基準で考えるから迷うしおかしくなるんです。

私はPCメインがありますので、配信用専用にすればいいんじゃないかな?

現在模索しております。というよりも、検証用ですけどね

ということでどんなCPUでも良かったですよ。はっはっは(*’▽’)

マザーボードの方は後日、ブログでもレビューしますね。

DCIM\100GOPRO\GOPR0208.JPG

本日はこれでおしまい